↑↑↑送料無料!格安商品!ワンちゃんネコちゃんまずは見に来て!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まこと

 黒住宗忠(太陽の神人)

「 有り難き、また面白き、嬉しきと

     みき(三つのき)を備うぞ 誠なりけり 」

    
  本当の誠というのは、
  
  心の中に感謝の心と 

  面白いという心と

  嬉しいという心が、

  絶えず湧いてくるような状態を指すという・・・ことらしい



 「感謝」と「嬉しい」というのは何とか分るような気ぃ~がするけんど・・・

 「面白い」というのはどお~言うこと~って思ってはみたが
 
  わたしは好きやわ^^

  だって、面白うて、楽しゅうて、わくわくする気持ちが 湧いて来るするなんて

  おのれの誠に間違いなし

   って気ぃ~しますわ


    さて、あなたは どう感じたかしらん
スポンサーサイト

塞翁が馬・・・って何だったっけ?

GRL_0335.gif


塞翁が馬(さいおうがうま)

人生の幸、不幸は予想しがたく

幸運も喜ぶに足らず

不幸もまた悲しむにあたらない。

どんな不幸でも、幸運を呼ぶサインであるとのたとえ。



  と あるが・・・
  何か難しいね~


もう少し調べてみると

「人間万事塞翁が馬」

人間(じんかん)とは、
日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、
世間(せけん)と言う意味です。
「塞翁」というのは城塞に住んでいる「翁(おきな)老人」という意味です。

城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、
福から禍(わざわい)へ、
また禍(わざわい)から福へと人生をもたらした。
まったく禍福というのは予測できないものである。


  ようするに

  老人の馬が逃げたが
  数ヶ月後
  誰かが連れて帰ってきた。
  しかし、その老人の子がその馬に乗り落馬して、足の骨を折ったが
  おかげで、兵役を免れて命が助かった。
   
  と言う故事らしい。
  
  ふむふむ
   
  何が幸せかわからんちゅうことやな
  
  不幸や思うても
  それが幸せに繋がることもあるんや

  ほんなら
  人間ごときが
  余計な心配なんかせんと
  自分の出来ることを一生懸命したらええのんかもな
  そしたら
  ええ結果が生まれるかもしれないし
  一つ一つの結果に落胆、執着したらあかんね
  良うなることもだめにしてしまうね・・・

  さてさて
  あなたはどう感じたかしらん?


  
  

「断捨離」っ何? 電車の中吊り広告より

PAP_0549.gif
 

物を断ち

がらくたを捨てれば

執着も離れて行く


部屋の状態を変えることで
心の状態を変えれる・・・       とあった。


「断捨離」 という本があるらしいが・・・・誰の書いた本やったんやろか?
 もう この広告だけで十分わかった。  かも・・・ね

というのは・・・早合点なのだろうか・・・

この年末押し迫った時期に
やらねばならないこと・・・  やっぱりお掃除ですがな


みなさ~~~~~ん
お掃除しなはれよ~~~
お掃除して
気持ちのエエ年を
むかえなはれよ~~~~ん


お前もな~~~~


はい

小才は・・・

GRP_0343.gif



   小才は、縁に出会って縁に気づかず

   中才は、縁に出会って縁を生かさず

   大才は、袖触れ合うも多少の縁と縁を活かす   柳生家の家訓より


「 縁 」

   つくろうと思っても
   出来るものでも無いし

   この国にお生まれたのも   
   この家に生まれたのも
   この親なのも
   この子なのも
   この連れあいなのも
  
   私達には
   理由は分からないけども
   こうやって
   出会ってしまうのよね

   私達には選ぶ権利など・・・
   無いのかもね
   何か神秘的ね

   縁を活かすって 
   どういうことだろう・・・
   
   あなたはどう思うかしらん?


     

思いやりがありすぎると・・・

PAP_0356.gif



「 思いやりがありすぎると 決断力が弱まり

 正しさを言い出すと 堅物になる

 礼儀を大事にし過ぎると おべっかのなり

 知恵があり過ぎると 嘘つきになる

 人を信じ過ぎると 時に損をする 

 この世に客として来たと思えば苦しみも無い。 」      伊達 正宗




    まあなんてサラリと

    おっしゃるのかしらん

    私の毎日・・・

    時計のふりこのように

    右に行き過ぎた

    ああ~~左に行き過ぎた・・・
    
    ってね

    いったいどの変が丁度ええのん?

    って

    誰か おせ~~て

    ってね

    言いたくなってしまうわさ

    ついつい中年太り過ぎ・・

    ちゃうちゃうついつい偏り過ぎてしまう私めへの戒めですわ

    最後の

    「この世の客として来たと・・・」

    かっこええな~

    私も客や~

    大事にせえ~や~

    でなくて・・・

    が大事っちゅう訳やな

    お釈迦さまの教えに

    中道があるらしいもんね

    むずかしいことは ようわからんけど

    あんまり無理は せん方がええちゅうこつやな



    さて あんさんはどう感じやしたかいな?
    
   
    






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。